小さな差の積み重ねが大きな差を生み出す

ダイエットというのは、そう簡単に成功するものではありません。 ただし、断食などによって一時的にでも、強制的に体重を減らす事は不可能ではありません。 でも、それが本当にダイエットを成功させたと言えるのでしょうか?

断食のようにエネルギーをまったく摂取せずにいると、体は普段よりもエネルギーを必要とし、今まで以上に脂肪を溜め込んでしまいます。 それではせっかく落とした体重も、あっという間に元に戻ってしまいます。 これが、いわゆるリバウンドというものですね。

そこで摂取するエネルギーから消費したエネルギーを差し引いたものが、体重の変化だと仮定しましょう。 普段の生活では摂取エネルギーが50、消費エネルギーが40だとするならば、常に10という数値で体重が増えていきます。 そこに無理な断食を行い、摂取エネルギーを10にすればその差は-30となります。

でも、それを摂取エネルギーを15減らし、消費エネルギーを15増やしても、同じ-30となりますよね。 そう、この小さな差の積み重ねがダイエットにおいて大きな差を生み出すのです。